建てる前にやっておきたいこと|マイホームにおすすめな注文住宅!【こだわりを反映させよう】|MY HOME.com

注文住宅を建てる前に確認したいポイントと土地の選び方を紹介!

建てる前にやっておきたいこと

積み木

住宅展示場に行ってみる

注文住宅を建てたいと思った場合は、まず厚木エリアなどにある住宅展示場に足を運んでみると良いでしょう。住宅展示場では色々な施工業者による建物を一度に確認することが出来ます。そのため、まずは見学に行ってみて気になる業者の話を聞くことが可能でしょう。

資料請求を行なう

住宅や業者に関する情報が満載の資料は請求しておくことです。数多くの施工業者がいるので、それぞれの特徴などを把握するためにも、資料請求は重要と言えます。なお、取り寄せた資料は「住宅の構造」「特性」などに焦点を当てて確認すると良いですよ。

予算の決定

予算を決めることは非常に重要なことになります。この予算によって家づくりのスケールや利用する業者が異なってくるので、最初の段階から決めておくとスムーズに家づくりが出来ます。予算は使用することが出来るお金を考慮して決めることです。その予算内で希望に沿った注文住宅を建てていきましょう。

土地を探す

土地を持っていない人は、家を建てるための土地も決めておく必要があります。その土地で家を建てると中々場所を移動することは出来ないので、土地探しは慎重にしていくことが大事ですよ。インターネットや不動産会社などを確認して、土地も前もって探していきましょう。

良い土地を選ぶ5つのポイント

周辺環境をチェック

快適に過ごしていく上で、周辺環境や近隣の状況は重要なポイントになります。そのため、土地を選ぶ際は周辺環境などを詳しくチェックしていきましょう。周りにある施設や街並み、近隣の雰囲気などを総合的に判断して住みやすい土地が選ぶ必要がありますよ。

風通しや日当たりの良さ

風通しや日当たりに関しても、その土地を選ぶポイントとして重要です。この風通しや日当たりによって、室内環境などに影響してくるのでしっかりと現地で確認していきましょう。隣が大規模建物などは注意が必要になります。

水道やガス、電気の設備状況

水道やガス、電気などのライフラインは暮らしていく中で大切な要素とも言えます。土地を選ぶときは、このライフラインの状況も重点的に確認することですよ。ライフラインの状況によって、家を建てる際の費用に関係していきます。

土地の地盤など

その土地の状況というのは家を建てる際に影響を与えてしまうので、十分な確認が大事でしょう。特に地盤調査は必ず行なった方が良いと言えます。調査をして、その土地が安全であるかをチェックしておくことがポイントになります。

道路の状況

道路も実は土地選びの際に、確認すべきポイントとなっています。最低でも道路に2メートル以上接している、横幅は4メートル以上はあるかを確認していきましょう。あわせて、その道路が公道か私道なのかもチェックしておくべきです。

インターネットを有効に活用していこう

家を建てるとなったら施工業者や土地探しなど、色々な情報が必要になります。そのため、効率的に情報を集めるためにはインターネットを上手に利用していくことが大事になります。自分で情報を探して比較検討をすることで、よりよい家づくりが出来るでしょう。

広告募集中